スーツケースをレンタルするメリットとデメリット

旅行や出張時に必要になるスーツケース。
お気に入りのスーツケースを購入した人もいれば、
レンタルで借りる人も少なくないと思います。

 

レンタルスーツケースをを選択した人にとって、購入するよりも、
スーツケースをレンタルするメリットがあるから選んだわけですが、

 

ここでは、あらためてレンタルスーツケースのメリットとデメリットについて紹介します。

 

レンタルは返却すればいいので、保管場所が不要。

レンタルでスーツケースを借りる事のメリットはなんといっても、
スーツケースの保管場所に困ることがない事が大きいですね。

 

スーツケースはいつ使うか分からない反面、
いつも使うというものでもありませんから、スーツケースを持っている場合、
当然保管するスペースが必要になりますので、
押入れなどが「かさばってしまう」原因になりやすいものでもあります。

 

レンタルスーツケースの場合だと、
レンタル品全般のメリットでもありますが、用が済めば返却すればいいので、
スーツケースが押入れスペースを占拠する心配がありません。

適したサイズのスーツケースが使える

スーツケースを購入すると、「そのブランドのそのサイズ」のスーツケースを
滞在日数関係ナシに使い続けることになります。

 

しかしそれに対してレンタルスーツケースの場合、
出張や旅行があるたび、その滞在日数に合わせたサイズを借りることができるので、
ムダに大きなスーツケースを常に使い続けることをしなくてすみます。

 

レンタルの場合、SSサイズ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、LLサイズなど、
機内持ち込み可能なサイズから、長期滞在対応サイズまで選べます。

 

また、使ってみたい高級ブランドスーツケースを試しにレンタルすることも可能。
レンタルスーツケースの大きなメリットとして、無駄がないところがあげられます。

 

希望のブランドのスーツケースを格安で使える

スーツケースの販売価格はピンきりです。
安いものもあれば、高級ブランドの高価なものまである上、
サイズ、種類によって価格が変わってきます。

 

高い値段で購入したスーツケースをずっと使っている人もいますが、
ほかのブランドの新しいスーツケースも一度使ってみたくなることもあります。

 

そんなときにもレンタルスーツケースは便利です。
購入したら10万円 を超えるような高級スーツケースでも、
レンタルスーツケースなら数千円の値段で、実際に使ってみることが出来ます。

 

あこがれていた高級ブランドスーツケースの使い心地が実際にはどうなのか、
気に入ればまたレンタルもしくは購入してもいいですし、
思っていたほどよくなければ、次の機会にはほかのスーツケースを
レンタル注文すればいい、というメリットがあります。

 

修理等の維持費が不要

レンタルスーツケースの場合、通常使用の場合の補償が付いているお店も多く、
壊れたり、傷がついてしまった場合でも、修理の必要がありません。

 

その反面、購入したスーツケースのカギやキャスター等が破損した場合は、
破損箇所の部品交換や修理の費用が必要になりますので、

 

スーツケースが所持品になってしまうと、その維持費が発生するというリスクもあります。

レンタルスーツケースのデメリット

上記メリットに対して、レンタルスーツケースのデメリットをあげてみると、

  • 出張や旅行の際、その都度スーツケースの手配が必要になる。
  • サイズや価格の比較等の手間がかかる。
  • 返却しなければいけない。

という点があげられます。
簡単にいえば、レンタル注文するのが面倒だと感じるか感じないかということになるでしょうか。

まとめ

上記のように、レンタルスーツケースには、実用面でもコスト面でもメリットが多く、
スーツケースを購入して所持するよりも、無駄がないということがいえると思います。

 

是非、レンタルスーツケースのメリットをうまく活用して、充実した出張や旅行に役立てていってください。